So-net無料ブログ作成
その他 ブログトップ

ドアキー修理(2016/12/18) [その他]

運転席側のドアキーがロックできなくなってしまったので分解修理となった。
(一ヶ月ほど前から予兆があったがついに動かなくなってしまったもの)

<ドア内張り外し>
10年近く前のレストア初期段階で取り外したときのことを思い出しながらの作業となった。
1_20161217_141907.jpg

<原因は割れ>
不具合部の現物確認した結果、原因は写真にあるワイヤーで締め付けた部分が割れていて先にある「サスマタ」みたいなものが空回りしていたため。
2_20161217_160012.jpg

<キーが馬鹿!?>
上記のワイヤー巻き状態で組上げたところで一度完成したが、何回かロック確認しているときに、キーが無くてもシリンダーが回ることに気が付いた。再度分解して原因究明。
2_20161218_120832.jpg

<分ったこと>
原因はキーシリンダーがドアノブ本体に固定されていないため、シリンダー全体が回ってしまうこと。
元来、どのように固定されていたのかは、ばらばらにして何度もどう眺めても分らない。
(普通に考えればスプラインのようなものがあるはずだが、それらしいものが全く無いし、磨耗してしまったような痕跡も無いのだ。)
異常の無い助手席側を分解して構造確認することも考えたが、流石に面倒なので対処療法を考えた結果、下記写真のようにピアノ線で固定して何とか誤魔化した。
3_20161218_145953.jpg
4_20161218_145915.jpg
5_20161218_152536.jpg

以上、記録にすると簡単に見えるが、丸々二日掛りの難題だった。今後助手席側を分解する機会があったら本来の固定メカニズムを確認したいと考えている。 
(もし、ご存知の方がいらっしゃったら教えていただけると有り難い)

以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
その他 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。