So-net無料ブログ作成
検索選択
オーディオ関係 ブログトップ

サブウーファー交換(2016/1/22) [オーディオ関係]

陽水コンサートから始まったオーディオ関係強化策の最後になったのがサブウーファーの交換。

1)旧品
シート下に置けるアゼストのアクティブサブウーファー。
搭載製重視のモデルなので自ずと性能には限界がある。
1.旧品.JPG

2)交換品
JVC製の性能重視モデル?
程度の良い中古品を手に入れた。
2.新型.JPG

3)設置状況
運転席後ろに設置したところ。
収まりは良いが人は乗れなくなった。(元々ここに人が乗ったことは無いので全く問題ないが・・・!)
3.設置状況.JPG


早速視聴したところ交換前に比較したら格段に良くなったが、走行中は音量が上げられないこともあり、コンサート会場や映画館のような感じにはならなかった。
汎用品のカーオーディオにそこまで望むこと自体が間違いだったかも!?・・・ということで一連の強化策はこれで終了とした。

以上。


フロントスピーカー増設(2015/12/11~25) [オーディオ関係]

先日のコンサートで聞いた曲をCDで聴くたびに何か物足りないのでフロントスピーカーを増設することにした。

1)設置場所選定
ドアも検討したが、13cmのスピーカーが埋め込めないことが分かったので足元に設置することにした。
2.設置場所検討.JPG

写真に見える既存の穴はドアヒンジ調整用の点検孔で一見良さそうだったが、やはり13cmのスピーカーには小さすぎるため、思い切って孔をあけることにして位置決めしたところ。
4.設置場所.JPG
3.設置場所.JPG

2)穴加工
エアーソーを使用したが無理な作業姿勢のためあまり綺麗には行かなかった。
6.設置場所.JPG
トリムにも穴加工
7.トリム加工.JPG

3)スピーカー取り付け
形は一応整った・・・・・が。!
91.左完成.JPG
9.右完成.JPG

4)バッフル版追加
視聴したら音が余り良くなかったのでバッフル板を追加。
左右共に合板の手製品だが、左側のみスラントを付けて多少なりとも定位の改善を図った。
93.左バッフル追加.JPG
92.バッフル追加.JPG

5)センタースピーカーの吸音材追加
元々付いていたセンターSPからの音漏れが気になったので周辺に遮音材、裏側に吸音材を追加した。
94.センター遮音材.JPG

以上、足掛け2週間を要したが、ボリュームを上げるとかなり良い音が出るようになった。
ただ、今度はサブウーファーの頼りなさが気になり、後日交換することになる。

以上。

バックカメラ新設(2015/1201) [オーディオ関係]

前回投稿のナビ交換のもう一つの理由がバックカメラを追加したかったからである。

理由は・・・!

私の場合、バック駐車するときはリヤウインドウ越しの目視確認と、サイドミラーによる車幅確認だが、この車は左ハンドルなのでこの体勢をとろうとすると必然的に体を右に捻ることになり右足がアクセルペダルから離れ操作しにくくなる。
またドアミラーも小さな平面鏡なのでバック駐車にはほとんど役に立たない。
結果としてこれらの運転操作は結構面倒なことだったので、かなり前から全方位ビューカメラみたいのが欲しかったため、今回のシステム変更に至った次第。
(ちなみに、皆さんがやっている窓から顔を出して後ろを見ながら駐車する方法は、運転暦45年でもほとんどやったことが無いほどに不得手)

1)設置場所と配線状況
ビュー範囲確保、配線経路などを検討した結果、最終的に写真の位置にした。
カメラ本体は安価な汎用品も検討したが信頼性を優先して純正品にした。
1.バックカメラ.JPG
2.配線.JPG

この車はリヤオーバーハングが長く、「輪止め」迄バックすると後ろの壁にぶつかってしまうことがあるので、これまではいちいち降車して後ろを確認していたが、その必要がなくなったのは有り難い。

以上。







ナビ交換(2015/11/28) [オーディオ関係]

10年使用している「サンヨー製Gorilla」は未だに故障する気配は無いが、さすがに地図が旧くなってきたので交換することにした。
今回はドライブレコーダー搭載の「パナソニック製Gorilla」にした。

1)搭載位置
現在使用中のものは大きく重いので必然的にこの場所になっている。
1.旧ナビ位置.jpg

新しいものは現在レーダー探知機のある場所にした。この中にはスピーカーが設置されているので若干の躊躇もあるが已む無し判断。
2.新位置.JPG
3.新位置.JPG

2)配線
電源コードや駐車ブレーキ信号は既設のものが流用できたので簡単だったが、VICSアンテナの配線はウッドトリムの取り外しなど、10年振りの作業が必要となった。
4.VICSアンテナ.JPG
5.トリム戻し.JPG

3)モニター取り付け方法
取り付け強度確保方法に色々悩んだが、結局、桟状のスピーカーガードに直接両面テープで貼り付けて脱落防止のワイヤーを追加することで良しとした。
6.MT'G設置.JPG

4)仮設置
運転視界が少し悪化するが許容範囲。
ドライビングレコーダーのカメラが本体裏側にあるので、これより低くすると映らなくなる。
7.仮置き.JPG

5)レーダー探知機移動
元々の場所をナビに譲った結果こちらに移設。
結果、予想していた通り電波が拾えなくなったので、後日フロントガラスに張ってある断熱フィルムをカットすることになる。
8.レーダー探知機.JPG

6)通電確認
問題なし。
9.通電確認.JPG

7)作業完了
今回のモニターは「7インチ」だが、運転視界確保には「5インチ」の方が良かったかも!?と一瞬思ったものの今更なのでこれで慣れるのみ。
91.完成.JPG

以上。

オーディオ交換(2015/10/27) [オーディオ関係]

最近のカーオーディオはBluetoothに対応していて、スマホの音楽が聴けるとの事なので早速交換することにした。 (加えてハンズフリーも可能になるとの事なので悩むことなく採用決定)

しかし、ネット購入の現物をみて愕然とした。
盗難防止のため、フロントヘッドが取り外せるタイプで我が愛車に取り付けるには大工事が必要と判明したこと。

以下、苦労の作業経過である。

1)現状
10年前に当該車両を入手した時点でオリジナルの「ベッカーラジオ」は外されており、オーディオレスの状態だったため装着方法が分からず苦労した。
試行錯誤の結果、インストパネルの開口部に顔を出させて、後方から板バネ様のブラケットで前方に押し出すような形でホールドするらしいことが分かったので、当時は、入手したオーディオのヘッド部分のサイズに合わせてインストパネルを削って対応した。しかし今回入手したものはヘッドユニットが脱着式のため、この方式が踏襲できない。
1、10年前のもの.JPG

2)開口部拡大
ヘッド部で本体をサポートすることは無理と分かったので、1DINサイズの本体部分を受けれるように開口部を拡大した。
言葉だと簡単だが、この部分は鉄板と天然杢のラミネート素材なので、ヤスリ掛け作業では気が遠くなり、最終的にはディスクグラインダーを使用することになった。(鉄粉の後始末は大変だった)
<拡大前>
2、枠が小さい.JPG
<拡大後>
3、枠拡大.JPG

3)本体横にストッパー設置
開口部が1DINサイズになったので、何も無いと本体が前に飛び出してしまうため、本体側面にストッパーを装着したところ。(こんなときの為に貯めていたガラクタの中から適当な材料をチョイス)
4、ストッパー装着.JPG

4)本体設置完了
周りを油性ニスで仕上げて完了。かなりの出来栄えで満足。
5、取り付け完了.JPG

5)ヘッドユニット装着
このあと視聴することになるが、機能が多い割りに操作ボタンが限られるため、欲しいメニューに辿り着くまでの階層が深く、慣れるまでは大変なことが分かったところで、作業終了。
6、ヘッド装着.JPG

以上、別掲のエアコンダクト配管変更とあわせ、二日にまたがり延べ10時間ほどの作業となった。

人気ブログランキングへ
オーディオ関係 ブログトップ