So-net無料ブログ作成
計器関係 ブログトップ

スピードメーターケーブル交換(2011/3/6) [計器関係]

低速走行時にスピードメーターの針振れが有るため、ケーブルを交換することにして米国より取り寄せた。
しかし届いた現物はトランスミッション側の形状違いと長さ違いで使えなかった。

W111 280se クーペの6気筒車のAT用ということで念を押して発注したのだがだめだった。返品する気力も湧かなかったので結果的に無駄金を使ったことになる。(後で分かったのだが、W113用だったみたい。)

この頃になると、国内でもこの手の車両部品を扱う業者が出てきたので、出来るだけ国内調達するようにした。

1)届いた現物
1,speedmeter cable.JPG

2)実車の形状
2,speedmeter cable.JPG

これではどうにもならなかった。
10マイル以上の速度になれば針振れは発生しないので当面現状のままとする。

以上。

人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

クーラーダクト配管変更&トリップメーター修理(2015/10/27) [計器関係]

以前から暫定配管のままになっていた運転席側クーラー吹き出し口の見栄えが良くないので今回見直すことにした。(もともとこの配管は無く、少しでも居住性を良くしようと私が新設したもの)
元来は換気用外気吹き出し口のところに何とかつなげたが、メーターまで外す難工事になった。
ついでなのでトリップメーターがリセットできない不具合も修理した。

1)メーター取り外し
インストの中の作業をするにはここから覗き込む以外に方法が無い。
レストア開始当時はこの方法を見つけるのにも試行錯誤したのを思い出した。
今となってみればバラしてないのはエンジン本体とATミッション位になったかも。
5メーター取り外し.JPG

2)ダクト配管
最終的にこの方法に辿り着くのに随分と時間を要した。
1、配管変更.JPG
2、配管変更.JPG

3)トリップメーター修理
リセットが旨く出来なかった原因は写真左に見えるベベルギヤが外れていたため。
なぜ外れたかは定かで無いが、中を貫通しているシャフトが簡単にスライドしてしまう事実は確認した。
(固定するメカニズムは確認できなかったのでそのまま再組付けしておしまい)
3トリップメーター修理.JPG

トリップメーターのリセットはOKになった。
オドメーターの表示が何廻り目かを確認する術なし。
4トリップメーター修理.JPG

以上。

人気ブログランキングへ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
計器関係 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。