So-net無料ブログ作成
燃料系 ブログトップ

Fuel cut システム設置(2017/1/5) [燃料系]

この車が発売された1971年頃には排気ガス規制が始まっていたので、当然ながら我が愛車にも初期の排気対策システムが装着されている。
その一つがFuel cutシステムであるが、旨く作動しないため頻繁にエンストするため回路を殺していた。

その後10年掛けて殆どのところに手を入れた現時点で、車両全体が落ち着いてきたら燃費が気になるようになってきたため復活させることにした。

エンスト原因が「エンジン回転数を検知するモジュール」が旨く作動しなかったことなのは分っていたので、これをマニュアルスイッチで代用することで対策しようとする構想である。

<回路図>
オリジナルは、下図に示すマニュアルSWのところが、エンジン回転数、水温、ミッション位置、等々の信号でコントロールされていたのだが、これを自分でコントロールしようとするもの。
一見操作が難しそうだが、実際に作動させるのは長い下り坂など、明らかに無駄な燃料を噴射している時に限るのでそれほど難しいことでも無い。
1_20170201_141528.jpg

<Fuel cut 用ソレノイド弁>
燃料噴射ポンプの後方に設置されている矢印で示すもの。
2_20161225_180734.jpg

<アイドルSW>
3_20170114_142729.jpg

<マニュアルSW、インジケーター>
黄色の円内がマニュアルSW :左手を伸ばしたら自然に届くところに設置。
白色の円内がインジケーター :少し見難いが加工しないで置けるところに設置。
4_20170114_141712.jpg

燃費改善効果がどのくらい出るか楽しみである。

以上。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

燃費対策(2014/7/15) [燃料系]

82リットルの燃料タンクが見る見るうちに減っていくので、少しでも燃費が良くなればと思いガソリン改質装置を名乗る"c-nergy"なるものを装着してみた。

1)現物
写真に写る二つのうち、性能的には小さいほうで良いとのことだが、配管ホースのサイズ的に大きい方しか合わなかったので性能向上期待も込めてこちらを選択した。
0 c-nergy.JPG

2)装着場所
バッテリートレーの下にスペースを見つけて設置した。
ただ、狭い場所なので太い燃料ホースのレイアウトには苦労した。
03 c-nergy.JPG

結果:期待したほどのリーン化は出来なく、当然、燃費改善効果もほとんど感じられなかった。
それなりに高価なものだっただけに残念。

以上。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

インジェクター交換(2014/5/24) [燃料系]

再始動時になかなか初爆がこないので、燃料噴射ラインのリークを疑い、インジェクターを交換してみた。

1)インジェクター
新品は非常に高価だったので、新古品(と言われたもの)を手に入れた。
1、Injfctor.JPG

2)作業中
噴射ラインのパイプを外すのに「クロウレンチ」を準備するなど、結構苦労したがその写真は残っていなかった。(残念)
2、作業中.JPG

結果、期待していた効果は確認できなかった。
他に原因として残っているのはインジェクションポンプ本体になるが、さすがに手が出せないので、対処療法としてコールドスタートバルブにマニュアルスイッチを追加した。
慣れてしまえば再始動も何ら問題なく現在も使用中。

以上。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

燃料ポンプ交換(2010/9/23) [燃料系]

ここ数回は近況記録が続いたが、所期目的のレストア記録を続けることにする。

今回は海外から取り寄せた燃料ポンプとブレーキタンクの交換である。
両方とも特段の不具合は無かったが、今後長期間保有することを考えて、部品が入手できるうちに交換しておこうと考えた次第。

1)交換前
燃料ホースは交換済み。インレット側の12Φホースは入手できなかったのでエアコン用ホースを流用している。
1、交換前.JPG

2)作業中
2、作業中.JPG

3)新旧ポンプ
純正品を調達したが現行車用に比べると数倍の価格。(安心保険と割り切る)
3、,fuel pump 新旧品.JPG

4)交換終了
これで燃料トラブルの心配が激減した。(心情的に!)
5、交換終了.JPG

5)マスターバック タンク交換
特別不具合は無かったが、これも安心保険と見た目改善。
6、ブレーキマスターシリンダ.JPG

以上。

人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

アイドル混合比調整(2015/9/29) [燃料系]

昨日に続き、アイドルCO=4.5%クリアに向けて作業した。
作業内容は昨日のブログに記した、高度補正ベローズとコールド補正用ワックスの「シム」抜き。

以下は作業途中の写真である。

1)対象部位
1) MR調整.JPG

2)取り外したところ
3)  MR調整.JPG

3)対象のシム
ドーナツ状のものが高度補正用で、もう一方がコールド補正用
色々トライしたが最終的に、すべてのシムを取り除いた。
(高度補正用=0.5t+0.1t 、コールド補正用=0.1t ) 
2) MR調整.JPG

4)取り付け
この作業中に前回「シム」を残した理由を思い出した。
何のこと無い、シムを抜くとスパナが掛からなくなってしまうのだ。
今回は工具箱の中から、ディスクグラインダー用の専用工具が流用できるのを見つけた。
4) MR調整.JPG
5) MR調整.JPG

5)アイドルストッパー調整
上記作業が終えたところで感触を見たが、リーン化不十分の感じなので、さらにストッパーの取り付け穴を加工して噴射ポンプのロッド戻り代を増やした。つもり?だが効果は感じられず。
6) MR調整.JPG
7) MR調整.JPG

6)BOOST計
アイドルスクリューを一杯に戻しても(リーン側)指示はほとんど変化せず。
すなわち、所期の目的は達成できて無さそう!
8) MR調整.JPG

ここまでやって、更なる打つ手が見当たらないので、車検当日はぶっつけ本番で臨むことにした。

以上。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
燃料系 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。