So-net無料ブログ作成

wheel 交換(2017/2/25) [wheel]

暫くサボっていたが、記憶が薄れないうちに記録することにする。

オリジナル度を優先してホワイトリボンタイヤを暫く使用していたが、やはり乗り心地が良くないのでミシュランに戻した。
この際なのでバネ下重量比較のため重量測定したので記録する。

<オリジナル仕様>
1、タイヤ&ホイール:19.3kg
3_20170225_135810.jpg
2、ホイールキャップ:0.6kg
4_20170225_140037.jpg
3、ラグボルト:0.3kg
5_20170225_140248.jpg

合計20.2kg・・・これでもAMGの8J-16ディッシュタイプよりは軽かった。

<W126純正品>
1、タイヤ&ホイール:18.3kg
1_20170225_135646.jpg
2、ラグボルト:0.6kg
2_20170225_140332.jpg

合計:18.9kg (オリジナルより1.3kg=6.4%軽い)

<所感>
バネ下重量差があることも確認できたが、実際の乗り心地に影響しているのは「タイヤの銘柄」であることは承知している。
46年前の旧車だと、この「タイヤの性能差」が歴然と現れるので面白い。

以上。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ロリンザー装着(2012/8/27~) [wheel]

今年で10年目の愛車「縦目のベンツ」だがタイヤ&ホイールを何度か交換しているのでまとめて記録する。

当時の足回りには現在の標準的なオフセットのものは合わないので当時物を探すのに苦労した。
(スペーサーを使えば何とかなるが、それはオーナーとしてのポリシーに合致しない)

これまでの変遷は以下の通り。

1)オリジナル:195/70-14 + 6.0J-14 ET30
3サイドビュー.JPG

2)AMG :205/55-16 + 8.0J-16 ET11 (2011/2/2)
ショックとの干渉を避けるためにはこのオフセットが必要だったが、結果的には55扁平率とオフセット差19mmがこの時代のシャシーでは許容できず、轍をまともに拾い運転中は結構疲れた。
3,AMG.JPG

3)Lorinser:225/45-17 + 8.5J-17 ET13 (2012/8/27)
実はこのホイールを装着する時点では轍を拾うのはトーイン調整とキャンバー調整で修正できると思っていたのだが現実はそれほど甘くなかった。AMGよりさらにワイドでロープロになったので、高速道路の見た目ではほとんど分からないような轍を完璧に拾うようになり、加えてRB式のパワステは遊びがあるので非常に運転しにくい車両になってしまった。
それでも投資金額が大きかったので2.5年程は我慢して乗っていた。
1,ロリンザー.JPG

暫くしてから模様替えをしてみた。
1、ロリンザー塗装.JPG

4)W126純正:205/65-15 + 6.5J-15 ET21.5  (2015/1/18)
レストアも進んで運転する機会が増えると、さすがに見た目より乗り心地と運転しやすさを優先したくなってきた。その条件で選定すると15インチが最適と判断し探していたら上記スペックのものを探し当てた。このモデル頃になるとオフセットが35前後のものがほとんどで、このオフセットで程度のよいものが入手できたのはラッキーだった。
結果は予想通り直進性、乗り心地ともに完璧になった。
1、W126純正.JPG

5)ホワイトリボンタイヤ:215/65-14 + 6.0J-14 ET30 (2015/4/4)
やはりオリジナルのホイールキャップは魅力的なので何とかこれを残そうとやっと見つけたのが上記スペックのタイヤ。このサイズはこの先入手できなくなりそうなので思い切って購入し、ホワイトリボン加工して時々使用している。
14インチホワイトリボン.JPG

以上。

人気ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。