So-net無料ブログ作成
検索選択

ホットワイヤー装着(2016/2/28) [点火系]

ガレージの整理をしていたらバイク用のホットワイヤーが出てきた。

そこで腑と思ったのが、燃焼が不安定なW111に付けたら結構効果が期待できるのでは!?
ということで、ネットで6気筒の自動車用中古品を探した。

当然、旧いベンツ用などが有るはずも無いので流用できそうなものを探していたら、三菱GTO用と言うのを見つけた。写真での適否判断になるのでかなりのリスクもあったが意を決して入手した。

1)現物
想定していたより程度の良いものだったので一安心。
1..JPG

2)交換前
ウルトライグナイターと同時期に調達した永井電子製のハイテンションコード。
当時苦労して配線したので綺麗な外観である。
2...JPG

3)仮組付け
とりあえず点火順序を合わせて仮組したところ。
当然だが長さも合わないし、太いのでまともには収まらない。
3..JPG

4)火花確認
エンジン始動出来る状態にして、火花確認したら周辺が明るくなるほどの想定以上の威力だった。
i-phoneの動画に記録したが、PC上で再生できないので投稿は見送る。
さすがにこの状態では普段使いできないのでこの後試行錯誤でレイアウトすることになる。
4..JPG

5)完成状態
蛇腹の配線ガードを使って、なんとか金属部分に接触しないように取り回した完成形。
6..JPG

オリジナルと比較すると美しくないが、機能的には問題ない状態に出来た。
7..JPG

この後試運転したところエンジンの回り方が軽快に感じられるほどに抜群の効果であった。
過去には、ガソリン改質装置、ウルトライグナイタ、123ign、等々、色々やってきたがこれほどに効果が実感できたのは始めてである。
アイドルCO=8%以上でやっと回るようなエンジン(燃焼室)には、この大きな火花が絶大な威力を発揮したということか!

以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

パシフィコ横浜 Nostalgic 2days(2016/2/20) [番外編]

招待券を頂いたので行ってみた。
当日はかなりの本降りだったのでさすがに愛車を持ち出す気になれず、息子のプジョーで出かけることにした。

1)招待券
1..JPG

2)当日券売り場
2..JPG

3)我が愛車と同年代の車
<ホンダS800>
当時、欲しいと思った車の一つだが、学生の分際では無理だった。
ボンネットの出っ張りがS800の目印で、無いのがS600だったのを思い出した。
3.1.JPG

<トヨタS800>
通称ヨタハチ。
V型2気筒空冷エンジンのパブリカがベースで、メカニズム的には見劣りしたので、この通称になったと記憶している。しかし軽いので、そこそこには走ったらしい。
4..JPG

<ダットサンS1500>
これの2000ccに乗ったことがあるが、当時の日本車の中では一番速かったと思う。
ソレックスキャブのエンジン音にはうっとりしたものである。
その後、後継車であるフェアレディZに5年程乗ることになるが、当時は排気ガス規制が始まったばかりで対応技術も試行錯誤の時代だったため、ノーマルのままでは、それはそれは走らない車だった。
結局、米国向けの2800ccエンジンに載せ換えて、3連ソレックス+蛸足エキマニ+Z432の排気系でチューンして乗っていたが、燃費は3km/L前後だったのを思い出した。
5.1.JPG
5.2.JPG

<トヨタS2000>
当時の車と何か雰囲気が違うのでよくよく見たら5穴のホイールが付いていた。
更によく見たらレプリカであることが判明した。
このような車に大金を注いで乗りたいと思う人がいるのか、いささか疑問を感じた。・・・のは私だけ?
5.3.JPG

<スカイラインGTR>
この大きなヘッドカバーが、当時の速い車のシンボルであり憧れだった。
しかし、ここまでピカピカに仕上げて、現行ベンツのSクラスに近い値段をつけられると、多少の興醒感を抱くのは私だけ・・・?
6..JPG

4)更なる旧車
この辺になると最早普段使いは無理で、お金に余裕のある人のコレクションの域とおもう。
少なくとも私はこれらの車が街中で走っているのを見た記憶は無い。

<プリンスグロリア>
私が知っているのは、この後のモデルだが今回は出品されてなかった。
叔父が中古車を手に入れて乗っていたのに同乗したことがあるが、当時はかなりの高級車で、トラックしか乗ったことの無い私は、その「フワフワ感」に感激したのを覚えている。
7..JPG

<トヨペット>
この車も現役当時で動いているのを見たことが無い。
7.2.JPG

<ハネベン>
私の愛車と同じW111モデルだが、更に数年旧いセダンで2300cc。
恐らく走るとは思うが、ヘッドレスト無し、シートベルト無しと、現役で使うにはかなりしんどいと思われる。
7.4.JPG

5)特別展示車
我が愛車と同じW111だが、こちらは希少価値の高いカブリオレのV8-3.5Lエンジン登載車である。
看板にはその希少性が説明されていたが、こちらのオーナーはコレクションとして保有されている様子である。
内装、シートの類も張り替えたばかりのまっさらのように見え、残念ながら旧車の雰囲気がほとんど感じられなかった。
ベンツ純正ではあるものの、シート生地が合皮(名前は忘れた)であることが余計に雰囲気を悪くしていた感あり。オープンカーなのでこういう選択にならざるを得ないのか!!!。
10..JPG
10.1.JPG

6)お土産
会場には工具等のグッズ販売もあった。
たまたま目に入った、変な形をしたタイヤゲージを記念に購入した。
工具フェチの私としては、「これの赤色のものがSnap-on ブランドで販売されています」との店員の一言で決めてしまったが、よく見ると目盛りが読み取りにくそうである。
11..JPG

以上。


旧車・クラシックカー ブログランキングへ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

パワステオイル漏れ対策(2016/2/7~19) [ステアリング関係]

ガレージの床にいつも以上のオイル漏れを発見した。
旧い車なので多少のオイル漏れは容認していたが、明らかに異常と思える量なのでチェックすることにした。
オイルの色と場所からパワステが怪しいとみて対策開始。

1)オイルが落ちていた場所
床のオイル汚れの上になるのがこの位置。左サイドフレーム。
1..JPG

2)オイル漏れ部
元を辿ると写真の赤丸の部分に行き着いた。
元来、各シール部からの滲みが有るのは承知していたがこの部分は「漏れ」ている感じ。
2..JPG

3)対策
漏れならば蓋をしてしまえということで、最初はタッピングネジでメクラ蓋をしたが、後で部品図をみたら、この中にはオイル通路切り替え用のピストンが上下に動いていることが判明した。
即ち、この穴は換気口で密閉するのはマズイ事が分かったのでオイルキャッチタンクを設置することにした。

その前に、本体各部の滲み対策でシール材をタップリ塗ったところ。
(こんなのでも半年から一年は持ってくれるので今や常套手段になっている)
3..JPG

4)ドレンプラグ作成
点火プラグの頭がちょうど良いサイズだったのでネジ加工を加えて作成。
6...JPG
6..JPG

5)ドレン穴にネジ施工
本体内部に切粉を入れないように注意しながらの作業。
7..JPG

6)ドレンプラグ設置&ホース連結
8..JPG
9..JPG

7)溜まるのが早い
思ったよりオイルの溜まりが早いのでキャッチタンクを追加設置して終了。
91..JPG
92..JPG

今後はキャッチタンクが満杯になる頃にオイルを追加してやれば、理屈上は問題ないはず、ということで様子を見ることにした。

以上。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ステアリング角度修正(2016/1/24) [ステアリング関係]

タイロッド交換の際、全長が規定値より短かったため規定値あわせで設置した。
当然そのままではトーインが合わなくなるので右側も調整(こちらは規定値より長かったのを短くした)した結果、ステアリングが左に傾いてしまったので修正することにした。

1)傾いた状態
直進時にこれだけ傾いているとさすがに違和感がある。
1.傾き.JPG

シャフトの刻印は微妙な位置にある。
2.刻印.JPG

2)グリス交換
当初のレストア段階でステアリングシャフトベアリングのボールガイドが欠損しているのを発見し、応急処置をしたままになっていたのを思い出して様子を確認したが、特に問題なさそうなのでグリス交換のみ行って、このまま使うことにした。
3.分解.JPG
4.ベアリング.JPG

3)完成
スプラインで4個分程度ずらしたことになると思うが結果は写真の通り。
5.終了.JPG

以上、ステアリング系全体が多少歪んでしまったのか、あるいは歪んでいたものが本来の姿に収まったのかは分からないが試運転の結果は問題なし。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

123イグニッション分解清掃(2016/1/24) [点火系]

3年前の正月に首都高速でエンストしレッカー車のお世話になったときの原因が、この123イグニッションのシャフト焼きつきだった。
その時は、シャフト再研磨で復活したが、3年経って再発するのが怖くなったので、メンテナンスすることにした。

1)分解
前回の焼きつき原因は、写真に見える「ピン」がタイト過ぎたため(当然、オリジナル状態にて)、十分な首振り角が得られず、シャフトに余計な力が掛かって焼きつきに至ったと思われる。
3.ピンを抜く.JPG

ピン不具合は前回対応済みだが、なにせシャフトの潤滑はグリースのみなので、そろそろヤバイ状態になってそうな気がして、今回のメンテに至った。
多少のグリスはみ出しはあったが恐れていた状況にはなっていなかった。
4.分解直後.JPG
5.何も無い.JPG

2)新グリス塗布
シャフトにはベアリングの類は無くこのグリスのみが頼りだが、基本的にはほとんど力も掛からない回転軸なのでこれで良いのかも。
6.グリス塗布.JPG

3)完成
組上げ後実機装着して完成。
7.完成.JPG

123ignシステムを使っている方には念のための首振り確認をお勧めします。

以上。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

サブウーファー交換(2016/1/22) [オーディオ関係]

陽水コンサートから始まったオーディオ関係強化策の最後になったのがサブウーファーの交換。

1)旧品
シート下に置けるアゼストのアクティブサブウーファー。
搭載製重視のモデルなので自ずと性能には限界がある。
1.旧品.JPG

2)交換品
JVC製の性能重視モデル?
程度の良い中古品を手に入れた。
2.新型.JPG

3)設置状況
運転席後ろに設置したところ。
収まりは良いが人は乗れなくなった。(元々ここに人が乗ったことは無いので全く問題ないが・・・!)
3.設置状況.JPG


早速視聴したところ交換前に比較したら格段に良くなったが、走行中は音量が上げられないこともあり、コンサート会場や映画館のような感じにはならなかった。
汎用品のカーオーディオにそこまで望むこと自体が間違いだったかも!?・・・ということで一連の強化策はこれで終了とした。

以上。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

タイロッド交換(2016/1/10~17) [ステアリング関係]

新年挨拶回り後の帰宅途中、ステアリングを切ったときに「カキーン」と大きな音が出るのに気がついた。
初めての経験なので発生箇所を特定するのに聴診器まで繰り出すことになったが、最終的に左側タイロッドエンドの内側が限界点を超えると一気にずれるのが目視確認できた。
(いわゆる「ガタ」という現象ではなかったので3ヶ月前の車検の時にも不具合発見できなかった)

1)該当部分
1.音発生部.JPG
こちらは手持ちのプーラーで分解できた。
後で分かったのだがこんなに簡単に取り外せるのは奇跡的なことのようだ。
2.分解.JPG

2)酷い状態
砂でも入ったのかと思うくらい酷い状態。
仕事でやっている人には普通の消耗状態に見えるのかも知れないが、初めて見た私には衝撃的な現象だった。
3.酷い状態.JPG

3)外側が外れない
外側も汎用プーラーで外そうとしたが全く歯が立たないのでタイロッドエンドセパレーターを購入して試みた。
マニュアル通りに作業してみたが全く外れる気配さえない。
4.外れない.JPG

4)最後の手段
バーナー熱で膨張差を利用する方法だが、回りに金属以外の部品が無い場合に適用できる最後の手段。
今回はゴムブーツの再利用が無いので使えたが、これが内側の場合、近くに別の左右連結タイロッドエンドがあるので使えなかったと思うと恐ろしくなった。
5.最後の手段.JPG

5)交換用純正品
何度かお世話になっている業者さんにお願いしたら、信頼できる社外品が無いとの事で純正品を薦められて購入した。装着する前にエンドボール部を動かしてみたら「ゴリゴリ感」があるのでその旨連絡したが、1年の保障があるのでそのまま使ってみて欲しいとの事。
6.純正品.JPG
なので取り付けてみたが何となく不安。
(現象的に実車装着後に初期不具合を確認できるようなものではないので余計に困る)
7.取り付け完了.JPG

6)LEMFORDER製を調達
ネットで探していたらLEMFORDER製を見つけた。
こちらはOEMメーカーとの事なので信頼性はあるだろうと判断し、いずれ右側も寿命が来るだろうと左右セットで購入した。(当然、純正品よりは安価)
8.レムフェルダー製.JPG

純正品のときと同様に動かしてみると「ゴリゴリ感」はもとより、ざらつき感もなくスムースに動く。
安心して取り付け完了。
9.交換.JPG

後日、事の顛末を先の業者さんに連絡したら特段の取り計らいを頂いた。
感謝。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車