So-net無料ブログ作成
検索選択

サーモスタット交換(2015/12/18~22) [冷却系]

先日記載したように水温計の指示が低い件、調査結果は以下の通り。

分解するまではジグルバルブが漏れているのかなあ・・・、程度に軽く考えていたが、実際にはWAX劣化で全閉していないのが原因と判明し交換が必要だった。

1)該当部分
実際に作業を始めると色々と障害が現れる。
まずは、サーモスタットが入っているはずのウォーターアウトレットの取り付けネジが見えない。
2.パイプが邪魔.JPG

邪魔な水パイプを取り外してようやくネジが見えた。ホース挿入部が腐食で荒れているのも分かる。
(このパイプの先は盲フタになっていて、元来の目的は不明)
3.パイプ外し.JPG

内部は無事だった。
用途不明のパイプを取り外したところには、メクラ蓋を兼ねて、手許にあった後付水温計のセンサーを取り付けた。
6.水温センサー追加.JPG

2)新品のサーモスタット
この部品はW111よりもう少し新しいモデルとの共用部品だったみたいで、割とリーズナブルな価格で調達できた。
93.新品サーモスタット.JPG

3)作動温度確認
念のため、新旧部品をお湯の中で暖めて作動温度を確認したところ、71℃時点で新品は閉じたままだが不具合品はフルリフトに近い状態。これでは実水温が上がらないのだから、水温計も上がらないわけだ!
7.新旧比較.JPG

4)新品設置
ジグルバルブの位置は一応フロント側に配置した。(ほとんど水平なので何処でも構わないとは思うが気持的に前が高そうな気がしたので)
8.設置.JPG

5)ホース組上げ
腐食で荒れた挿入部には事前にシリコンシーラントで漏れ防止処理しておいた。
9.シーラント塗布.JPG

6)作業完了
アウトレットの上にあるのはオーバーヒート警報用の110℃水温スイッチだが、この車を入手したときから配線は無かったので放ってある。
91.完成.JPG

7)水温計表示確認
水温計の数値は敢えて曖昧にしてあるのだと思うが、針が水平を指示しているので、恐らくこれが本来の姿なのだと、結果に満足。
92.水温計指示.JPG

以上、今に思えば10年近くいわゆる「暖機中」の状態で走っていたのかと思うと、我ながら恥ずかしくなった。

かといって、その後燃費が良くなったわけでもないし、運転性に変化があったわけでもないのは摩訶不思議である!!!?。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

フロントスピーカー増設(2015/12/11~25) [オーディオ関係]

先日のコンサートで聞いた曲をCDで聴くたびに何か物足りないのでフロントスピーカーを増設することにした。

1)設置場所選定
ドアも検討したが、13cmのスピーカーが埋め込めないことが分かったので足元に設置することにした。
2.設置場所検討.JPG

写真に見える既存の穴はドアヒンジ調整用の点検孔で一見良さそうだったが、やはり13cmのスピーカーには小さすぎるため、思い切って孔をあけることにして位置決めしたところ。
4.設置場所.JPG
3.設置場所.JPG

2)穴加工
エアーソーを使用したが無理な作業姿勢のためあまり綺麗には行かなかった。
6.設置場所.JPG
トリムにも穴加工
7.トリム加工.JPG

3)スピーカー取り付け
形は一応整った・・・・・が。!
91.左完成.JPG
9.右完成.JPG

4)バッフル版追加
視聴したら音が余り良くなかったのでバッフル板を追加。
左右共に合板の手製品だが、左側のみスラントを付けて多少なりとも定位の改善を図った。
93.左バッフル追加.JPG
92.バッフル追加.JPG

5)センタースピーカーの吸音材追加
元々付いていたセンターSPからの音漏れが気になったので周辺に遮音材、裏側に吸音材を追加した。
94.センター遮音材.JPG

以上、足掛け2週間を要したが、ボリュームを上げるとかなり良い音が出るようになった。
ただ、今度はサブウーファーの頼りなさが気になり、後日交換することになる。

以上。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ダイヤモンド・スカイツリー(2015/12/9) [番外編]

北関東方面のゴルフの際に使用する荒川沿いの首都高速は、スカイツリーが良く見えるので毎回写真に納めている。
今回は「ダイヤモンド富士」ならぬ「ダイヤモンド・スカイツリー」に出会った。 とはいっても、気が付くのが少し遅れたため、完璧なものにはならなかったのが残念だ。

1)ダイヤモンド゙・ツリー
気が付いたときには車が動いてしまってこんな感じだが、10秒早ければ完璧な構図になったはず。
2.ダイヤモンドスカイツリー.JPG

2)水温計表示
以前から冬場になると水温計の表示が低いのは承知していたが、ブルドン管方式メーターの精度不良と勝手に思ってそのままにしていた。
(レストア初期段階に誤って圧力ラインを切断してしまい修理に出したことがあり、そのときの調整不良が原因と思っていた)
後日、よもやと思いサーモスタットを取り外してみたら酷いことになっていた。
その修理状況は別途アップする予定。
1.水温計低い.JPG

以上。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

井上陽水コンサート(2015/12/5) [番外編]

東京フォーラムの陽水コンサートに行って来た。
やはりコンサートはこの程度の会場が良い。

これまでも「入手困難チケットが手に入った」と誘われていくつかのライブに行ったことがあるが、終始スタンディングの若者に付き合うのは結構しんどい。
しかし若者のエネルギーを肌で感じられるのは、それはそれで良しとは思っている。

記憶に残っているのは
+日産スタジアム:サザンオールスターズ (これがファイナルだというのに雨だった)
+国立競技場:嵐 (このときも雨。隣のニコル風ギャルに話しかけられて驚いたのを思い出した)
+東京ドーム:ゆず (この時はバルコニー席で内緒の写真があるので添付する)
+日本武道館:小田和正、絢香 (武道館サイズだと歌を楽しめる)

yuze you1.JPG
yuzu you2.JPG

1)有楽町駅から会場へ
12月に入っているが未だ電飾は無かった。それとも今年は中止?
1.東京フォーラム.JPG

2)入場行進
東京フォーラムは松山千春コンサート以来の二度目だが、千春の時とは入口が違っていて多少戸惑った。
更に、会場時間から少し経っていたのに長い行列が残っていたので時間つぶしに相田みつお美術館を覗いてきた。
2.入場行進.JPG

3)当日の演奏曲
私は「リバーサイドホテル」が好きだ。
4.演奏曲.JPG

やはりコンサート会場の音は、車の中でCDを聞くのとは全く違う。
これが切っ掛けで後日、車のサブウーファーを交換することになる。

以上。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

バックカメラ新設(2015/1201) [オーディオ関係]

前回投稿のナビ交換のもう一つの理由がバックカメラを追加したかったからである。

理由は・・・!

私の場合、バック駐車するときはリヤウインドウ越しの目視確認と、サイドミラーによる車幅確認だが、この車は左ハンドルなのでこの体勢をとろうとすると必然的に体を右に捻ることになり右足がアクセルペダルから離れ操作しにくくなる。
またドアミラーも小さな平面鏡なのでバック駐車にはほとんど役に立たない。
結果としてこれらの運転操作は結構面倒なことだったので、かなり前から全方位ビューカメラみたいのが欲しかったため、今回のシステム変更に至った次第。
(ちなみに、皆さんがやっている窓から顔を出して後ろを見ながら駐車する方法は、運転暦45年でもほとんどやったことが無いほどに不得手)

1)設置場所と配線状況
ビュー範囲確保、配線経路などを検討した結果、最終的に写真の位置にした。
カメラ本体は安価な汎用品も検討したが信頼性を優先して純正品にした。
1.バックカメラ.JPG
2.配線.JPG

この車はリヤオーバーハングが長く、「輪止め」迄バックすると後ろの壁にぶつかってしまうことがあるので、これまではいちいち降車して後ろを確認していたが、その必要がなくなったのは有り難い。

以上。







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ゴルフ場にて(2015/11/30) [記念写真]

東名CCで見た富士山が綺麗だったので記録する。

1)中井PAにて
往路、朝食兼休憩で立ち寄ったPAにて。
6:40現在、微妙な天気具合。
1.東名CC.JPG

2)午前中の富士山
2.東名cc午前.JPG

3)午後の富士山
3.東名cc午後.JPG

4)日没の稜線
5.夕時.JPG

圏央道が開通してから慢性的になっている夕方上りの海老名ジャンクションの渋滞を避けるため、帰路は箱根の山越えをして西湘バイパスを利用した。
久しぶりに利用したが拡幅工事が進んでいて予想以上に順調だった。写真はトイレ休憩した西湘PAだが車を写し込むのを忘れた。
6.西湘PA.JPG

以上。



以上。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ナビ交換(2015/11/28) [オーディオ関係]

10年使用している「サンヨー製Gorilla」は未だに故障する気配は無いが、さすがに地図が旧くなってきたので交換することにした。
今回はドライブレコーダー搭載の「パナソニック製Gorilla」にした。

1)搭載位置
現在使用中のものは大きく重いので必然的にこの場所になっている。
1.旧ナビ位置.jpg

新しいものは現在レーダー探知機のある場所にした。この中にはスピーカーが設置されているので若干の躊躇もあるが已む無し判断。
2.新位置.JPG
3.新位置.JPG

2)配線
電源コードや駐車ブレーキ信号は既設のものが流用できたので簡単だったが、VICSアンテナの配線はウッドトリムの取り外しなど、10年振りの作業が必要となった。
4.VICSアンテナ.JPG
5.トリム戻し.JPG

3)モニター取り付け方法
取り付け強度確保方法に色々悩んだが、結局、桟状のスピーカーガードに直接両面テープで貼り付けて脱落防止のワイヤーを追加することで良しとした。
6.MT'G設置.JPG

4)仮設置
運転視界が少し悪化するが許容範囲。
ドライビングレコーダーのカメラが本体裏側にあるので、これより低くすると映らなくなる。
7.仮置き.JPG

5)レーダー探知機移動
元々の場所をナビに譲った結果こちらに移設。
結果、予想していた通り電波が拾えなくなったので、後日フロントガラスに張ってある断熱フィルムをカットすることになる。
8.レーダー探知機.JPG

6)通電確認
問題なし。
9.通電確認.JPG

7)作業完了
今回のモニターは「7インチ」だが、運転視界確保には「5インチ」の方が良かったかも!?と一瞬思ったものの今更なのでこれで慣れるのみ。
91.完成.JPG

以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ファンガード設置(2015/11/21) [冷却系]

以前にも書いたが、ファン作動スイッチは完全なマニュアルなのと、私以外の人が触れることも無いのでガードが必須という訳ではないが、たまたま気が向いたのでファンガードを付けてみた。

ガードは流用品を加工したものだが、いざ装着してみると、厚みがあってラジエーターグリルと干渉することが分かり、対策として少し右にずれていたファン本体を中央に移動する改修が必要となった。

1)流用品なので必要以上に厚みがある。
2.厚み.JPG

2)ファン本体を車両中心に移動。
白いマークで空いているのが移動前に使用していた孔で、この移動で冷媒入口部分との干渉がギリギリになってしまっている。
たったこれだけのことでも実際の作業はそのたびに中断して対応策を考える事が必要になり、結果として時間が掛かることになった。
1.ラジファンシュラウド.JPG

以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

バッテリー大型化(2015/11/19) [電装関係]

電圧計のアラームが度々なるので、まさかとは思いつつもバッテリーの点検窓をチェック。
案の定、要充電状態なので、早速充電してみたがオートストップが作動してしまい明らかに寿命と判断される状況。
仕方ないので交換することにしたが、折角なのでBATTスペースに搭載できる最大サイズのものに交換することにした。

1)交換前
70Ahの再生品だが2年程働いてくれたことになる。
1.交換前.JPG

2)新旧比較
色々調べた結果、現車のBATTスペースに搭載できるのは80Ahまでであることが分かったので、今回も再生品を調達した。
2.新旧比較.JPG

3)搭載スペース
トレーの写真左側にあるネジ止めのストッパーを取り外すことで80Ahサイズまで搭載可能だが、さらに右側のストッパーを外したとしても100Ahサイズは搭載不可なのを確認済み。
3.トレイ.JPG

4)交換作業完了
あまりにも収まりが良いのを見ると、これが本来のサイズなのかも知れない。
4.完了.JPG

以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

クーラーコンデンサ交換(2015/11/4 - 6) [空調関係]

シーズン前のガス補充の際にコンデンサーの一部が黒ずんでいたのが気になっていたので新品に交換することにした。

1)現状
左下の黒い部分がガス漏れと思われるが1シーズンは持つので、毎年、補充填することでも良いのだが・・・!
これはA168の前期用らしいことを今回知った。(今回交換する後期用ではリキッドタンクが別置きになっている)
91現状ガス洩れ.JPG

2)交換用に準備した二台分
右が新品。左は車体側との繋ぎ部分を流用するための部品取り用中古品。いづれも立派なリキッドタンクが付いている。
91新品&部品取用.JPG

3)リキタン部拡大
これを現車に合わせて加工していくことになるが、構想設計?に半日以上掛かった。
92車両側コネクタ.JPG

4)リキタン部分の分解
新品の方はリキタンとBRKTがSUSバンドで固定されていたので、分解することで現車合わせの位置調整が可能だった。(なお切断したSUSバンドは再使用できないのでネジ締め方式の汎用品を準備した)
ちなみに部品取り用の中古品のほうは本体とBRKTが溶接されており、もしこの状態だったら構想設計に
更に半日ほど必要になったかもしれない。
93リキタンBRKTバラシ.JPG

5)位置決めして仮組みした状況
元々の位置とはかなり移動しているのがわかる。
この後、アルミ配管を手曲げしていくのだが、万一にも破損させては大変なので気を使う作業だった。
94リキタン位置変更.JPG

6)新旧比較
組付け完成後の新旧比較。リキタン位置の違いが良く分かる。
この後は、部品取り用に写っている車両側との接続コネクタを加工して流用することになる。
94リキッドタンク一変更完了.JPG

7)コネクタの加工
手前に写っているのが加工品。車両側のホースを差込みバンドで固定できるようにしたものだが、漏れ防止、抜け防止のためのフランジ形成はもはや匠の技(笑)。
95コネクタ加工.JPG

8)完成形
96完成.JPG
96完成2.JPG

9)車両側のホース
とにかくスペースが無くて、コンデンサー側のコネクターの向きはシビアに制限される。
97迎え側ホース.JPG

10)スニソオイル補給
新品なのでオイルを補給したが、補給量は適当である。
これも、ヨーク製コンプレッサーだから出来ることであり、助かっている。
(今風のコンプレッサーの場合は正確に計量しないとすぐに破損や焼きつきになるので、レトロフィットシステムに思い切れない大きな理由でもある)
98スニソオイル充填.JPG

11)旧品取り外し
991旧品外し.JPG

12)車両取り付け用のBRKT設置
設置方法はオリジナルを踏襲している。
992ブラケット取り付け.JPG

13)装着完了
この段階で車両側配管との結合微調整が必要になり随分と時間を要したが、一応満足できる状態に収まった。
994装着完了.JPG
993新品リキッドタンク.JPG

14)真空引き&ガス充填
サービス缶を2缶入れたところで写真の圧力となった。
これで十分冷えるのと、入れ過ぎることによる弊害が怖いのとで、毎度この程度に抑えている。
995真空引き.JPG
996高圧口.JPG
996充填作業.JPG
997充填圧力.JPG

15)充填シールを貼って完了
今となってはR12フロンガスが非常に高価になってしまったので、もっぱらCOLD12を愛用している。
998充填シール.JPG

以上、来シーズンまでガス抜けせず持ってくれれば良いのだが・・・・・。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車