So-net無料ブログ作成
検索選択

ラジエーターキャップ調整(2017/6/28) [冷却系]

以前設置したリザーブタンクが旨く機能していないのが気にはなっていたが、特段の不都合も無いので放っておいた。
今回の一連の作業の中で図らずもその原因が分ったので補修した。

<原因-1>
2way方式のキャップ外側シール高さが不足していてラジエーター本体と密着しないため実質大気開放になっていた。
写真左がオリジナルの1wayバルブ。
右側がリザーブタンクが使える2way方式のキャップ。
1_6104.JPG
新旧比較するとシール高さが約1mm違うため、厚さ2.5mmの板シール(写真左側)に代えてΦ3.5のOリング(写真右側)を付けてみた。
IMG_6111.JPG
組み付けたところ。
ラジエーターに取り付ける際、ズレないように注意が必要だが密閉度は確保できた。
IMG_20170628_165608.jpg

<原因ー2>
ドレン用ニップルが緩々でシールできてなかった。
IMG_20170628_203111.jpg
対策としては、内側から半田付けで固定した上で念のため外側からシリコンでシーリング。
IMG_20170628_214519.jpg
IMG_20170628_214459.jpg

これでクローズサイクルが成立するはずなので結果が楽しみである。

以上。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0