So-net無料ブログ作成
検索選択

PSポンプ分解整備準備(2017/6/16) [ステアリング関係]

異音対策とオイル滲みが気になっていたオイルポンプのリペアキットが入手出来たので、思い切って車両から取り外してオーバーホールする決心をした。

ポンプを取り外すには、ラジエーターとコンデンサーを取り外す必要があり、周辺配管の脱着も必要なイヤラシイ作業になる。脱着が必要なのは、ATクーラー配管、エンジンオイルクーラー配管、クーラーガス配管等だが慎重にやらないと接合部が捻じ切れる等の二次不具合発生が心配なのだ。

一方で当面の不具合は致命的では無さそうと判断しているので、双方のリスクト比較に相当悩んだ末の決断である。

<入手したリペアキット>
3_20170616_124251.jpg
4_20170616_124318.jpg
5_20170616_124410.jpg

<部品入手まで>
1、パーツカタログ
当図の17番があれば分解掃除は出来ると判断。
2_ps pumpリペアキット.jpg

2、部品番号特定
適合確認にはメーカーと型番が必要とのことで調査。
読み難いが何とか判別できた。VICKERS製だった。
1_5923.JPG

<所感>
この車のレストアを始めた12年前は部品調達するのに、慣れない英語で探して注文すると言う苦労があったが、今は多数の国内業者が面倒を見てくれるようになったのでその点は楽になった。
しかし価格は海外から個人で調達するより5割増し位にはなる。しかも業者も玉石混交で、粗悪品取り扱い業者も居なくはないので注意が必要である。(今回は3ヶ所に相談したがその対応にはかなりの差があった)

以上。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0