So-net無料ブログ作成

ステアリングカップリング補修(2017/5/13) [ステアリング関係]

前回、若干のガタがあるのを無視して組み付けてしまったがどうしても気になるので補修することにした。
当然ステアリングシャフトを抜かないと作業できないわけだが、何度もやっているので余り抵抗無く取り掛かれた。

<取り外し>
3_20170513_135401.jpg

<ガタ補修>
厚さ0.5mmの板ガスケットを巻いたら丁度良かった。
1_20170513_132410.jpg

シリコンシーラントを接着剤代わりにして組上げて完成。
2_20170513_135004.jpg

<組付け>
この形状なので組付け角度を間違える心配は皆無である。
4_20170513_152806.jpg

<結果>
いわゆる「ハンドルの遊び」だと思っていたのが実はこの部分のガタだったのを改めて認識。
ハンドル操作の感触が最近の車に近くなって満足。

以上。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。