So-net無料ブログ作成
検索選択

FR-RHサスグリスアップ(2017/1/22) [サスペンション]

レストア当初から気になっていたものに、サス回りのグリス注入が矢鱈と硬い問題がある。
今回その原因究明のためダブルウィッシュボーンのリンクを思い切ってばらしてみた。

分ったのは取り付けネジを少し緩めるとグリスがスムースに入っていくということ。

<原因はベアリング構造>
前回の異音対策の時に示したように、この車の「可動部」はネジ勘合部であるため、ここが多少ルーズでないとグリスの流れる空間がなくなるため、微妙な組上げが必要になるみたい。
不幸なことに私の車はここが旨く出来てなかったみたいである。
1、該当部位
1_20170122_140310.jpg

2、ベアリングネジ部のオス側
2_20170122_132612.jpg

3、同じくメス側
4_20170122_132708.jpg

4、アームへの固定ネジ
これを18kg-mのトルクで締め付けることになるが、完全に締め上げるとグリースは入らない。
試しに少し緩めたら、通常のグリスガンの感覚で注入できた。
3_20170122_132807.jpg

<結論>
ベアリング用ネジと固定用ネジは同じピッチで同時締め付けになるのだが、最初の嵌め込み時の位相が旨くないと不都合が起きるようだ。
しかし、これまでもエアーグリスガンで何とか注入対応していたので敢えて改善策にはチャレンジしなかった。

以上。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 2

かっちゃん

こんにちは、初めまして、福岡の津田と言います。HIROさんの車に憧れ、数日前にやっとやっと自分のものになりました。いろいろわからないことがあるのでこれから相談に乗ってもらっていいですか?
by かっちゃん (2017-05-03 10:31) 

HERO

旧車入手との事おめでとうございます。
ブログにも書いてますが、不具合を直すたびに愛着が増していくので是非頑張ってください。
(暫くブログを見てなかったので返信遅くなり恐縮です)
by HERO (2017-05-22 15:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0