So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

PSギヤボックスオーバーホール(2017/7/25~28) [ステアリング関係]

オーバーホールキットが入手できたのでオイル漏れ対策と異音原因追求を兼ねて分解整備した。

<キットの内容>
用途不明のOリングもあるが分解するのが楽しみである。
0_20170718_184738.jpg

<取り外し>
事前に入手したピットマンアームプーラーを使用することで取り外しは順調に進む。
1_6172.JPG

<分解>
1、構造が分らないので、バネ等が飛び出さないように慎重に進める。
20_6173.JPG
21_6175.JPG

2、分解したらオイル漏れしていた理由が良く分かった。
前オーナーにおける整備の際、シールリングが硬化して役に立たないのを液体パッキンで誤魔化していたためか!
22_6176.JPG

3、一気に分解すると組み立て順番が分らなくなりそうなので都度不具合を解消していくことにした。
液体パッキンの汚れをきれいにして新しいOリングをセット。
24_6181.JPG
25_6189.JPG
42_6184.JPG
41_6183.JPG

4、次は反対側の調整ネジ側の分解。
ここもオイル漏れが酷かったところ。
31_6185.JPG

5、アウトプットシャフトの取り外し
この頃になるとかなり度胸も付いてきて一気に分解。
51_6186.JPG

6、油圧切り替え部分の分解。
外してしまえば如何ということも無いのだが、固着してして動かないものを「強引に抜く」にはそれなりの決断が必要だった。(万一何処かに固定ピンなどがあったら取り返しが付かないことになるので・・・。)
52_6187.JPG
53_6188.JPG
54_6190.JPG
55_6192.JPG
 殆ど炭化したOリングが見える。
62_6198.JPG
62_6206.JPG

7、パワーピストン部の分解。
ここまで来るといろんなものが一気に外れることになる。一番焦ったのはRB用の硬球が勝手に出てきてしまったこと。
61_6196.JPG
63_6201.JPG
64_6205.JPG
65_6211.JPG

<組み立て>
色んなところのシールを交換して再組み立てに望んだが、油圧切り替え機構の仕組み解明に苦労した。
結果、3回組みなおすことにことになった。
以下、露出が狂っていたため写りが良くないが記録として残す。(解説なし)
71_6217.JPG
72_6221.JPG
73_6220.JPG
74_6219.JPG

<結果>
オイルにじみは完全に直ったが、グー音は解消しなかった。
切り替え機構の部分を最小単位まで分解清掃しなかったのが要因かと後悔しているが、再度の分解整備には中々踏み切れない。
ただし構造が分ったので次回はもう少し要領よく出来ると思う。

以上。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

PSポンプ再分解(2017/7/23-24) [ステアリング関係]

前回のオーバーホールの際に「念のためにシール剤塗布」としておいたところが一気に漏れ出した。
法事に出かけようとした早朝のことである。
法事には別の車で出かけたので事なきを得たが、余りの洩れ(と言うより噴出の感じ)の酷さが気になって一日中落ちつかなかった。

前回、汎用Oリングで組上げた際に多少絞め代が足りないかとの懸念があったものの、手持ちがそれしか無かったのと早く仕上げたいのとで、「詰めが足りなかった」ことを悔やむ事になった。

<取り外し>
前回の経験から、ラジエーターさえ取外せばコンデンサーを外さずとも少しずらす事で作業が出来そうなことが分ったのでその段取りで進めた。
1_6135.JPG
2_6138.JPG
3_6139.JPG

<ピットマンプーラー>
前回プーリー抜き取りに「ベアリングプーラ」でチャレンジしたが、その後「ピットマンプーラー」という強力な工具があることを知り、入手してあったので今回はそれを使用した。
但し爪のサイズが合わないので追加工は必要だった。
・オリジナルのままでは厚すぎて溝に掛からない。
4_6140.JPG
・グラインダーで削ったところ。
5_6143.JPG
取り外し作業中の写真は撮り損ねた。

<問題の場所>
前回作業後、少し滲みがあったのでシール剤を塗り増しておいたがそういった次元の問題ではなかった。
6_6151.JPG

<Oリング交換>
今回は適正サイズのものを準備して作業を進めた。
組み込む前に、目視並びに逆向き仮組みによる「絞め代」の確認を入念に実施した。
実はこの蓋の後ろにバネがあるため普通に組付けたのでは感触による判断ができないのだ。
前回はたったこれだけの作業を惜しんだために・・・・・!
(今に思えば”魔が差した”としか言いようが無い)
7_6154.JPG
8_6155.JPG
今回は自戒を込めて「念のためのシール」などは行わなかった。
9_6157.JPG

この後、作業段取りのために取り外した部品、配管を組上げてオイル、水を注入して完成。
今回はコンデンサーは外してないので冷媒充填作業は不要であった。

以上。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ラジエーターキャップ調整(2017/6/28) [冷却系]

以前設置したリザーブタンクが旨く機能していないのが気にはなっていたが、特段の不都合も無いので放っておいた。
今回の一連の作業の中で図らずもその原因が分ったので補修した。

<原因-1>
2way方式のキャップ外側シール高さが不足していてラジエーター本体と密着しないため実質大気開放になっていた。
写真左がオリジナルの1wayバルブ。
右側がリザーブタンクが使える2way方式のキャップ。
1_6104.JPG
新旧比較するとシール高さが約1mm違うため、厚さ2.5mmの板シール(写真左側)に代えてΦ3.5のOリング(写真右側)を付けてみた。
IMG_6111.JPG
組み付けたところ。
ラジエーターに取り付ける際、ズレないように注意が必要だが密閉度は確保できた。
IMG_20170628_165608.jpg

<原因ー2>
ドレン用ニップルが緩々でシールできてなかった。
IMG_20170628_203111.jpg
対策としては、内側から半田付けで固定した上で念のため外側からシリコンでシーリング。
IMG_20170628_214519.jpg
IMG_20170628_214459.jpg

これでクローズサイクルが成立するはずなので結果が楽しみである。

以上。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

クーラーガスチャージ(2017/6/26) [空調関係]

PSポンプ脱着の際にコンデンサーを取り外しているので当然ガスは抜けてしまっている。
新たに真空引き、ガスチャージを行うわけだが、今回は「Air Cooling」というハイドロカーボン系の冷媒を使うことにした。

*** このように色々とチャレンジできるのは、この車のコンプレッサーが2気筒レシプロ式で多少のことでは壊れないことが分っているためであり、最近の繊細な高性能コンプレッサーではとても挑戦できないことと思う。***

<初めて使う冷媒>
これまでは同じハイドロカーボン系の「COLD12」という冷媒を使っていたが今回は入手ルートの関係で「Air Cooling」を3本準備した。
1_20170626_164933.jpg

<真空引き>
低圧側はオリジナルの場所に配管したが、
3_20170626_165012.jpg
高圧側は流用設定したコンデンサーにあるR134用カプラーに配管。
2_20170626_165006.jpg
真空ポンプはベルト式なので静かである。
レストアを始めたころは業者に持ち込んでいたが、この手の車は不得手と見えて余り対応が良くなかったのでその後は自分でやることにした。これはその時に購入したもので結構高価なものであったが、その後の稼働率を考えると十分に償却できたと思う。
4_20170626_165038.jpg
ゲージは安価なものなので、特に真空側の目盛りは殆ど当てにならない。・・・が何度も使っているので頭の中で校正して使っているので問題なし。
5_20170626_165055.jpg

<ガスチャージ>
結果的には2本で足りた。
IMG_20170626_175210.jpg
サービス缶2本目の途中で高圧側のゲージ圧が12kg/cm2に達した。
低圧側は2.8kg/cm2を指しているが、この時点でガスの入り方が緩慢になってきたので暫く待ってバルブを閉めた。
5_20170626_174943.jpg
冷気吹き出し口の温度は10℃を示している。この後、補助ファンを作動させたら7℃まで下がったので充填完了とした。
6_20170626_174802.jpg

以上。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

PSポンプ7日目で完成(2017/6/24) [ステアリング関係]

昨日までに組上げは終了していたので本日は冷却水、オイル類の充填作業をして完成予定。

<冷却水>
2LのLLC原液を入れた後に水道水が8L弱入ったから、規定値=10.3Lに対しほぼ全量交換できたことになる。
2_6088.JPG
取り外しの際に傷つけたところの漏れを心配していたが、この段階では問題なし。
IMG_6089.JPG

<ATオイル>
オイルクーラーから抜けた分相当を目見当で約300cc追加。
後で確認して不足分を追加するのは簡単だが、多すぎると抜くのが大変なので少なめに補充。
1_6080.JPG
IMG_6082.JPG

<PSフルード>
こちらは目視確認できるので規定レベルまで補充。ATフルードで代用。
IMG_6083.JPG

<エンジンオイル交換>
この際なのでエンジンオイルも交換した。走行距離は千km程だが結構汚れている。
IMG_6090.JPG
補充量はストック分の5.2本。少し足りないがLowレベルは切ってないので後日追加する予定。
因みにこの車はHigh-Low間で2Lの差がある。
IMG_6092.JPG

<コンデンサー取り付け>
何度もやっているので作業は順調。
IMG_6094.JPG
オイルを30cc程度補充して組上げ。
IMG_6097.JPG
IMG_6098.JPG

<補助ファン装着>
今回はファンガード無しにした。
ファンスイッチが手動なのでガード無しでも問題がないのと、手製ガードの出来が余り良くないため。
IMG_6101.JPG

この後、エンジン始動、各部油量点検、補充、エア抜き、等々の所定手続き後に試運転したところPS作動時の「グー音」は解消していた。・・・・・万歳!!!

まだ13時だが、これから孫の誕生ケーキを届けねばならないのでクーラーガス充填は後日になる。

以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

PSポンプ作業6日目(2017/6/23) [ステアリング関係]

切込みを入れたプーリーの溶接肉盛り作業を行った。
肉盛りしなくてもプーリーが割れてしまうことはなさそうだが、強度が落ちていることは間違いないので少しでも安心できるように不得意な溶接作業だが敢えて決行した。

<下準備>
切り込み部分に鉄板を挟み込み空隙を少なくしたところ。
2_6054.JPG

<最初のトライ結果>
いつものことだが中々火花が出せない。離しが早いと消えるし、遅いと溶接棒が溶着してみるみるうちに真っ赤になってしまう。自動溶接機が欲しい。
・無残な結果
3_6055.JPG
・念のため削ってみたら本体への溶け込みが殆ど無く強度アップは殆ど期待できない状態。
4_6057.JPG

<2度目のトライ>
見た目は悪いがブリッジが掛かっているので強度アップにはなっていそうである。
これ以上やると、本体が歪んでしまいそうなのでここで手打ちとした。
5_6060.JPG

<風きり音対策>
穴があると笛吹き音が心配なのでシーラントで埋めたところ。
6_6061.JPG
7_6062.JPG

<組上げ>
組むに際しキー溝研磨等の付随作業が必要だったがどうにかしっくりする形で収まった。
8_6064.JPG

<ATオイルクーラー入口の滲み>
外側から塗りたくっていたシーラントを取り除いてみたが十分な半田盛りがしてあり、ここに原因があるようには思えない。
9_6066.JPG
注意深く観察していたら勘合面に深い溝キズがあるのを発見(写真の赤丸部分)。
ここが原因と特定できたので対策はシール材を使った裏技で対応した。
91_6069.JPG

<ラジエーターとオイルクーラー洗浄>
一旦分離して内外面を洗浄したらエンジンオイルクーラーの内部からはスラッジ化間近と思われるどろどろのオイルが出てきた。
材質は鉄に銅メッキしたものだったのには驚いた。強度対策なのだろうか?
93_6073.JPG
94_6072.JPG
・ラジエーターは思っていたほど大きくないので冷え難いのも頷ける。因みにこちらは銅製だった。
92_6070.JPG

<車載>
ラジエーターとオイルクーラーをASSYして、防錆処理をして
95_6074.JPG
車載完了。残念だがラジエーターのオイル染みはブレーキクリーナーでは取れなかった。
96_6075.JPG

この時点で19時を過ぎたので本日はここまで。

以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

PSポンプ作業5日目(2017/6/22) [ステアリング関係]

折角の機会なので油汚れを洗浄することにした。

<洗浄&シール追加>
1、洗浄前。
1_5983.JPG
2、洗浄後。風呂上りのようりサッパリした。
1_6027.JPG
2_6028.JPG
油まみれだったPSポンプBRKTもこの通り。
2_6035.JPG
3_6029.JPG
4_6030.JPG
5_6031.JPG

3、シール跡があったので再施工した。
(こんなものでも滲み程度なら結構効果がある)
6_6033.JPG

<ファン取り付け>
このファンを取り付けるのだがネジが旨く噛み込まない。
IMG_6043.JPG
確認したらネジ穴がつぶれかかっていたのでタップで浚い直す。
兎に角、次々に色んな問題がでる。
7_6044.JPG

<PSポンプの稼動代拡大>
調整用の長穴の途中でつっかえてしまうのが気になっていたので原因追求&対策。
最初はここが当たっているものと判断したが主原因ではなかった。
9_6047.JPG
結局はこの部分がBRKT本体に干渉しているのが原因と分ったので削り落とした。
8_6048.JPG

以上、試行錯誤の7時間作業であった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

PSポンプ・オーバーホール(2017/6/20) [ステアリング関係]

ようやく取り外したPSポンプのオーバーホール作業に掛かった。
今回の目的は
1、プーリー側からのオイル滲み対策
2、グー音発生要因究明と対策
である。

ここ数日はポンプを取り外すのが目的になっていたので危うく本来の目的を忘れるところであった。

<下ろしたPSポンプ>
かなりの汚れである。
2_6004.JPG
心配していたオイルシールの熱焼けはない。
 ・バーナーでの熱入れはもう少し可能だったのかも!
 ・そうすれば切り込みをいれなくてもプーリーが外れたのかも!
との思いも生じたが今更どうしようもないので考えるのを止めた。
0_6003.JPG
特に後方の油汚れが酷かった。
この段階では分らなかったが後述の異音発生原因推定の根拠ににもなった事実である。
3_6005.JPG

<分解>
外装の汚れを落としてから分解したところ。
外側ケースのボルトを緩めるのにはインパクトレンチが必要だった。
4_6006.JPG
再組み立て時に間違えないようにそのつど写真撮影。
5_6007.JPG
6_6010.JPG

<異音発生原因?>
ここに「プレッシャーコントロールバルブ」が組み込まれているのだが、外側からオイル漏れの跡が確認できたので案外ここからエアーを吸っていたのかも知れない、と思って分解してみる。
7_6011.JPG
シールのOリングは硬化していたが内部構造品には特に問題なし。
8_6013.JPG

以上、ここまでの作業は全て勘に頼って進めているわけだが、ここが異音発生源との想いが強くなってきた。
手持ちの新品Oリング(汎用品)に交換し、部品を洗浄して再組み立て。
IMG_6018.JPG

<オイルシール交換>
シールは外から見えるところに在った。
このポンプの軸受け構造は「メタルベアリング」らしく、そこにオイルを廻す為に必然的にシールは一番前側ということのようだ。
取り外しは小型のマイナスドライバーで引っ張り出して
9_6016.JPG
新品の取り付けは大型のソケットレンチを使って叩き込んで終了。
93_6020.JPG
これでオイル漏れは解消できるはず。

<組み立て>
全ての部品を洗浄していよいよ本体組み立て開始。
当初組み立てにはCRCを使おうとしたが、なんか悪い予感がしたのでATオイルを使った。
ベーンの動きも特に問題なし。
92_6019.JPG
最後に「プレッシャーコントロールバルブ」が収まっているところに外側からシール材を埋めて完成。
万一漏れがあった場合には今回の一連の作業が再度必要になるため、念には念を入れた。
94_6025.JPG
95_6026.JPG

以上。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

PSポンプ取り外し4日目(2017/6/20) [ステアリング関係]

爪の噛み代を増やしたがダメ。

ベアリングプーラーの形状を見ても剛性不足は明らかで、いわゆるタイロッドエンドブレーカー程度のものが必要と言うこと。しかもこのサイズなので大型車用の直押しタイプくらいの剛性が必要か!
(そういえばサービスマニュアルに載っている純正特殊工具もそのような形状をしていた)

結局、最後の手段を実行することになった。

ディスクグラインダーで切り込みを入れて勘合力を弱めることで何とか分解しようとするのだが・・・。
断行に先立ち、最悪のことを考えてプーリー単体の見積もりを出しておいたが日本には在庫無し、PSポンプASSYは生産終了との事なので、退路は無い。

万一プーリーの再利用が出来ない場合は所謂「重ステ」で走ることになるのも覚悟の上での断行である。

<ファン取り外し>
作業の邪魔になるので潔く外す。
1_5983.JPG
2_5988.JPG

<噛み代拡大>
ブラインダーで深くしてトライしたが、所詮このプーラーの剛性では無理と判断し、最後の手段の切り込み位置にマークをつけたところ。回り止めのためベルトも掛けなおした。
3_5990.JPG
4_5993.JPG

<断行>
ここまで切り込んだところで
5_5994.JPG
プーラーで引いてみたら期待していた「パキィーン」という音がして外れた。
足掛け4日目でついに来た、感激の瞬間であった。
6_5996.JPG

<再利用出来そう>
プーリーのテーパー部は何とか再利用できるレベルに収まった。
(念のため溶接で肉盛りすることも検討する予定。)
8_5998.JPG
9_5999.JPG
本体のシャフトネジ部は若干のキズが付いたが機能上は全く問題ない。
91_6000.JPG

<感激のビュー>
ここまでくれば残るは配管を外してボルトを抜けばPSポンプ本体が下ろせることになる。
(プーリーがあると、この2本のボルトが抜けないのだ)
92_6001.JPG

この後、続けて本体のオーバーホールに移ったが、夜も更けてきたので続きは明日にする。

以上。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

PSポンプ取り外し3日目(2017/6/19) [ステアリング関係]

夕方、注文していたベアリングプーラーが届いたのですぐに試してみたが、とても外れる雰囲気ではなかったので即中止。

<爪の噛み代が少ない>
このまま強引にトルクを掛けたら本体かプーラーのどちらかが壊れてしまいそう。
1_20170619_193015.jpg

・モンキーは回り止め。
・インパクトのソケットレンチはプーラーを平行に保つためのガイド代わり
・ネジ回しの棒は短くてほとんど役立たず。

明日、爪の噛み代を増やしてからチャレンジ予定。

以上。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。