So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

上越からの帰路(2018/4/15) [記念写真]

高田城の夜桜は見れなかったが残雪の妙高山は堪能できた。

帰路は上信越道→関越道→練馬IC→環状8号線→第三京浜→横浜新道→横浜横須賀道路・・・のルートを採用した。week-dayに都内を抜けるのは大変だが、帰りは日曜日だったのでこの選択になった。

(もともと我が愛車で中央道-長野道の長い登り坂を走るのは結構厳しいので、いつもはこちらのルートを使っている。)

<妙高山>
14日は綺麗に見えていたが、
1_20180414_100107.jpg
帰路についた15日は雨上がりの曇天で、前日には見えていた妙高山の「跳ね馬」は雲の中だった。
2_20180415_131040.jpg
3_20180415_131116.jpg

<道中>
日本海側から妙高の山越えをして長野、上田、佐久の盆地を過ぎてから軽井沢の峠を越えて関東平野に出るまで、空模様の変化が綺麗だったので記録する。
4_20180415_152423.jpg

特徴的な妙義山が見える。
前を走るバスは風除けにさせてもらった長距離バスで、長野辺りからついてきたが横川SAで逃げられてしまった。
5_20180415_153737.jpg
6_20180415_154355.jpg

関越道に入ってからの渋滞を懸念していたが、スキーシーズンも終わったらしく順調に走れた。
7_20180415_161318.jpg

が、練馬出口が近くなると渋滞発生。
8_20180415_170416.jpg

環八も極端な渋滞無く、第三京浜入口までたどり着いた。
9_20180415_175803.jpg

<帰着>
91_20180415_184135.jpg

総走行距離=685km
燃料消費=76L
満タン法燃費=9.0km/L

ちなみに帰路だけの燃費は11.9km/Lになるが、このような数値は出たことが無い。
風除けバスの効果が絶大なのか、走行ルートの差なのか、今後検証してみたい。

以上。




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

上越行(2018/4/13) [記念写真]

高田城観桜会が開催されるこの時期に予定していた夜桜見物行。
現地情報では今年の桜は開花が早く既に葉桜になっているとのことだったが、訪問先との約束もあるので決行することにした。

<八ヶ岳まで>
通勤渋滞を回避するため5:30出発し圏央道経由し八王子JCから中央道に入る。
7:50ころ双葉を過ぎたあたりで八ヶ岳が見えてきた。
1_20180413_075052.jpg

<八ヶ岳PAにて>
先日交換したプラグの焼け具合をチェックした。
高速走行直後での状況は写真の通りだが、3000回転前後の登坂走行直後とすれば特に問題なし。
4_20180413_082357.jpg
記念写真を撮ってみた。・・・がここからは冠雪した八ヶ岳は見えない。
2_八ヶ岳.jpg
反対側の南アルプス方面には綺麗な山並が見えた。
3_南アルプス.jpg

<松本城>
高田城の桜がダメとわかっていたので松本城に寄ってみた、が、ここでも殆ど散ってしまっていた。
5_20180413_093417.jpg
7_20180413_103412.jpg
折角なので記念写真を撮ってみた。
外国人観光客が沢山来るのでこんなサービスを行っているらしい。
8_西方向.jpg
90_西方向.jpg
一番の撮影スポットにて一枚。
90_西側より.jpg
天守閣にて西方向の山並を一枚。
91_北西方向.jpg

<長野道で山越え>
安曇野付近の風景。残雪の山並が綺麗だったので一枚。
92_20180413_123541.jpg

<目的地到着>
上越市の妻の実家に到着。
93_20180413_141710.jpg

走行距離=367km
給油量=49.4L
満タン法燃費=7.4km/L

この車はハイオクでこの燃費。
以前の愛車スカイライン(V6 3000cc)はレギュラーガスで13km/Lは走ったのでその差は肌で感じる。
次回は新幹線で行こうと思う。

以上。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

スパークプラグ交換(2018/4/8) [点火系]

燃料添加剤(カーボン除去用)の効果を確認するため、プラグを外して燃焼室を覗いてみた。
気のせいかピストンの頭が白く見える気筒もあったが余り定かではない。

<プラグ状況>
以前とあまり変化は見られない。
走行直後ではないのでこんなものか!(混合比が濃い割には極端なカーボン付着は無い。)
プラグはNGK BP5EV-A (30年位前のコレクションである)
1_20180408_124741.jpg
1_20180408_125050.jpg

<プラグ交換>
これまでは燃費対策と安全運転のため3500rpm以上は回さないようにしていた(車速で110km/h以下)が、
最近になって、もう少し上まで回す機会が増えたので、熱価を1ランク上げることにした。
装着したのは以前調達しておいたイリジウムプラグ
:DENSO VW20 (熱価はNGKの6相当)
3_20180408_125120.jpg

今週末、往復700km程度の走行予定があるのでどうなるか楽しみである。

以上。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

運転席キシミ音対策(2018/4/1) [内装関係]

運転席の背もたれからキシミ音が出始めたので対策した。

<分解>
思っていたより簡単だった。
写真に写っているネジ一本を取り外すと背中のカバーが下にスライドして中身が見えるようになる。
1_6609.JPG
2_20180331_173940.jpg

<対策-1>
一見したところではキシミ音が発生するようなところが見当たらない。
3_20180331_172058.jpg

が、良く見るとい板バネを重ねてカシメてあるところがある。(赤丸部分)
ここが発生部と判断しCRCを吹き付けてみたが完全には解消しない。
4_20180331_172036.jpg

<対策-2>
背もたれ角度調整部からも微妙なグー音が出ていたのでここにもCRCをスプレーしたらほぼ解消した。
5_6612.JPG

以上。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

クーラーガスチャージ(2018/3/24) [空調関係]

ガスが抜けたままでは内部のオイル劣化が心配なのでガスチャージに踏みきったが、気温上昇が予報を下回り15℃程度だったのでサービス缶1本充填で打ち切った。

<真空引き>
配管状況
0_20180324_124424.jpg

真空ポンプは「デンゲンCS-754F」。
調達価格の記録は見つからなかったが現在の販売価格は6万円前後である。
当時これだけの投資決断をしたのは、その後の利用頻度を考えると正しかったと思っている。
2_20180324_131135.jpg

<充填>
ガスはAir Cooling (1,100円/本)を使用している。
当初はR12ガス(250gサービス缶で2500円程度)を探して使用していたが、レストア過程で20本を超えたあたりで代替品に切り替えた経緯がある。
4_20170626_164933.jpg

1本充填でのゲージ圧力は以下の通り。
これでも冷気は出てくるので暫く様子を見ることにした。
5_20180324_141554.jpg

以上。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ステアリングシャフトベアリング交換(2018/3/20) [ステアリング関係]

2005年当時のレストア初期段階では、汎用ベアリングと言えども個人が単品調達するのは殆ど不可能だったため暫定処置をしていた。

<暫定処置状況>
理由はわからないがボールガイドが完全に無くなっていたのでビニールコーティング針金で仕切りを作って誤魔化していた。
これまた不思議なのだが、ベアリングレースとボールには問題なく、この状態で特段の不都合は無かった。
1_6587.JPG
2_6588.JPG

<調達品>
金属シールと接触ゴムシールの2種類を入手してみた。
実際に使用したのは NTN 6004ZZ (307円)。
IMG_20180320_102655.jpg

<組付け>
グリースまみれだったところがスッキリした。
3_6590.JPG

<完成>
実車に取り付けて完成。
4_6592.JPG
6_6594.JPG

10年程前には、あれほど苦労していた特殊工具や部品入手がネットで簡単に手に入るようになったのは、今昔感そのものである。

以上。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

クーラーコンプレッサーのシャフトシール交換(2018/3/17-19) [空調関係]

ゴルフからの帰路、暑かったのでクーラーを作動させたら案の定全く効かない。
例年のことだが冬の間に冷媒が抜けてしまうみたいだ。

いつもなら冷媒を補充して1シーズン誤魔化すのだが、前回のオルターネーター交換の際にコンプレッサーシャフトからの漏れが想像以上に酷いのがわかっていたのでシャフトシールを交換することにした。

ここはずーと気になっていたのだが部品が入手できず、ほぼ諦めていた経緯があるが今回偶然にヤフオクで見つけた。

<調達品>
シール構造がわからないので、これが適合するのか多少の不安もあったがチャレンジすることにした。(調達費=4,750円)
1_20180317_123533.jpg

<分解-1>
クラッチプーリーの取り外しは経験済みで工具も揃っているので難なく終了。
1、下側にあるオルターネーターにオイルが掛かるのを防止するために入れておいたウェスがオイルまみれになっている。
2_6554.JPG

2、洩れた痕跡がハッキリ残っている。
3_6559.JPG

<工具調達>
しかしシャフトシールカバーの取り付けネジが1/4サイズのインチネジで、流石にこのサイズのレンチは手許に無く6mmのスパナを加工してトライしたが頭を舐めてしまいそうなので作業中断しソケットを調達することにしたものの、近くのホームセンターにはインチサイズのスパナも、ソケットも全く無し。
店員さんにきいたら最近は販売実績が全く無いため在庫を止めたとの事。
仕方なくモノタローに発注することになった。
この時点でクラッチプーリーのガタが想定以上に大きくなっているのも分かったので一緒に発注した。(サイズ確認したら流石にこの辺のベアリングは汎用品を使っていた)

3、ベアリングサイズ
NSKの6206Vの刻印がある。
3_6560.JPG
4、調達した部品と工具
ベアリング:NSK6206VV=543円
       (参考: 定価=1,544円、ちなみにベンツの箱入りになると9,000円)
ソケットレンチ:TONE 1/4インチ=573円
4_6562.JPG

<分解ー2>
工具が揃えば簡単である。
但しシール構造を確認しながらの分解なので工程毎に撮影しながら慎重に進めた。

5、以下は工程毎の写真だが詳細解説は省略する。
5_6563.JPG
6_6565.JPG
7_6566.JPG
8_6567.JPG
9_6570.JPG

<組み付け>
6、構造が分ってしまえば作業は問題なく進んだ。
91_6571.JPG
7、現車には装着されていなかったダストカバーの取り付け。
92_6573.JPG
93_6574.JPG

<オイル注入>
ウェスの汚れ具合から目見当で約20cc追加。
8、旧いレシプロなのでこの辺の容量はあまりシビアでないのが助かる。
94_6578.JPG

<ネジ加工>
前回分解した時に一箇所のネジがバカになる寸前だったのを思い出して確認した。
9、完全にダメになっていた。
95_6580.JPG

10、インチサイズネジはM8より少し細かったのでM8タップで追加工して誤魔化すことにした。
当該ネジはサクション側なので多少は融通が利くと判断した次第。
96_6582.JPG

<完成>
当日は気温が低かったのでガス充填はもう少し暖かくなってからにした。
97_6583.JPG

以上。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

カーボン除去剤投入(2018/3/14) [燃料系]

ネットを見ていてHKSのカーボン除去剤の評判が良さそうなので使ってみたいと思っていた。

たまたまゴルフで往復250km走行する機会があったので試してみることにし、近くのイエローハットで探したが該当品は無く、在庫していたのは写真の品1490円。

<KUREの商品>
IMG_6597.JPG

説明書には50~70リッターに1本投入とある。タンクには75L程度入っていたので少し希釈気味になるがしょうがないので1本投入後、磯子ICから首都高速に入り、湾岸線経由、葛西JC、小菅JC、常磐道流山ICまで、平均3,000rpm位で走行できたのでカーボン除去効果を出すための条件としては良いほうだと思う。

<結果>
燃焼室の中が見れないので効果の程は不明だが、帰宅後とりあえずアイドル調整ネジを「5クリック」薄くしてみたところ一応回っている。残りの燃料を使い切ったところでプラグの様子をチェックしてみようと思う。

以上。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

PSポンプ交換(2018/1/16) [ステアリング関係]

掲載が遅くなったが1/16にPSポンプを交換したので記録する。

今回は、以前掲載したオルターネーター交換の苦い先例を踏まえ、万一の場合のことを考慮し国内での調達も検討した。
結果は以下の通りで、やはり価格面では勝負にならなかった。安心料は結構高くつくのを再認識することになった。

1、国内見積もり: 純正品=295,000円、社外リビルト品:88,000円
2、海外調達: 社外リビルト品:64,000円(送料他の諸費用込み)

で、結局は海外調達となった。
(これまで調達費用は記録してこなかったが、過去を振り返ってみると、燃料ポンプの価格が4倍になっているなどの事例もあるので、記録すべき重要なファクターであると考え直した次第)

<調達品>
いかにも「リビルト品」である雰囲気。
1_6517.JPG
 2_6519.JPG

<説明書>
PSシステムのクリーニングをしっかり実施しない場合は保証が無効になります、というもの。
ベーンポンプが繊細なものであることを再認識させられた。
5_6510.JPG
6_6512.JPG
7_6513.JPG
8_6514.JPG

<組付け>
この先、再度ポンプを取り外すことは無いと判断し、ベルトは本来の自動車用のものに戻した。
3_6526.JPG
配管を組付けて完了。
4_6528.JPG

<結果>
脈動は明らかに小さくなっているが、右転陀時のグー音は完全には無くならなかった。
残る選択肢はPSギヤボックス交換だが、直進状態では何ら問題ないのでこのまま暫く様子をみることにした。
旧車を面倒見る楽しみ?・・・は、果てることが無い。

以上。 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

バックランプ破損(2018/1/1) [電装関係]

2018年元日のお昼頃近くの浅間神社に初詣に行った際、バックランプを破損してしまった。
この辺は起伏が多くて車道からマンションエリアに入る際の傾斜がきついため車両後部で一番低いところにあったランプが犠牲になってしまった。

<無残な姿>
この車はリヤオーバーハングが大きいため、急坂に直角に侵入するとこんな事になるとはわかっていたがついつい油断してしまった。
IMG_20180102_130020.jpg
IMG_20180102_125942.jpg
代替品を探したが気に入ったものが無かったのでオリジナルのバックランプを復活させることにした。

<パワステ不調>
そのトラブル対応中の坂道でハンドルの切り返しをしていたら急にハンドルが重くなった。
明らかにPSの油圧が来てない感じの重さ。
恐らく前回設定したサージタンクもどきのチューブからエア漏れしたものと思われる。
現地ではどうしようもないのでそのまま帰宅したが、平坦地の通常走行では何の問題も無かった。
IMG_20180101_160119.jpg

<所感>
パワステポンプASSYを発注することにした。

以上。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | -